2018年10月10日

スイス・フラン・・出光の法人専用カード・・ほか

スイス・フラン・・

米ドル・ユーロ・日本円・英ポンドに次いで世界での取引量がある通貨です。

永世中立国だけあって、世界で最も安定した国際通貨として知られます。

スイスと、リヒテンシュタインの通貨です。

リヒテンシュタインはスイスとオーストリアに囲まれたミニ国家です。





過去のポンド・・

1ポンドが20シリングで、そして240ペンス。

10進法じゃないって計算が複雑ですね。

1971年に1ポンドが100ペンスになりました。

ちなみに、イギリスとアイルランドで通貨補助単位の変更を行った日を「デシマル・デー」と呼びます。

補助貨幣は昔はいろいろあったみたいです。





銀行の金利ゼロ融資・・

日銀のマイナス金利政策下では、日銀にお金を預けて損するよりも、金利ゼロでも貸し出すほうが得みたいです。

そんな事態でお金が向かうのは、政府系の資金運用。

特別会計や独立行政法人なんだそうです。

そしてそこがいっぱいになると、国債に向かうようです。





続きを読む
ラベル:通貨
posted by 暮壱 at 08:59| 金融関連の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

オーストラリア・ドル・・エグゼクティブカード・・ほか

オーストラリア・ドル・・

オーストラリアで使われている通貨です。

昔は英国と同じようにポンドだったようです。

しかし1966年にドルにかわりました。

オーストラリア・ドルは定着して、世界でも注目される通貨のひとつです。

投資などでもよく目にしますね。

ナウル・ツバル・キリバスでも使えます。






国際通貨・・・・

国際取引や為替取引に使用される通貨です。

米ドルがもっとも有名ですね。

圧倒的に取引量が多いです。

次いでユーロです。

この米ドルとユーロを合わせて世界二大通貨と呼ぶことがあります。

これに、日本円または英ポンドを加えることで世界三大通貨と呼ぶこともあります。





復活ファンド・・・

福島銀行が2015年に始めたファンドです。

過去に倒産経験がある経営者の再起を後押しする投資ファンドなんだとか。

銀行なのにずいぶんと思い切ったファンドですね。

でも倒産経験をリスクとしか見ないのはもったいないのかもしれないです。

そんな発想で生まれたのかな。






続きを読む
ラベル:通貨
posted by 暮壱 at 07:08| 金融関連の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

スターリング・ポンド・・ゴールドカードセゾン・・ほか

スターリング・ポンド・・・・

イギリス・ポンドともいいますし、単にポンドということも。

イギリスの通貨です。

日本円に次いで、取引量の多い通貨です。

ユーロへの参加も検討されましたが、反対が多くて踏み切れませんでした。

過去には1ポンド1008円で固定相場制の時代もあったのでした。

今は昔ですね。






ポリマー紙幣・・・

合成樹脂を材料に使用した紙幣のことです。

紙じゃなければ、紙幣ではないような気もしますが・・。

1988年に通貨としてオーストラリアで発行されたのが最初だったそうです。

ポリマー紙幣が導入された目的は、セキュリティーの向上なんだそうです。

紙の紙幣はどうなるのかな。





ぐるなび6次産業化・・・・

「ぐるなび6次産業化パートナーズ投資事業有限責任組合」は出資ゼロのまま解散したファンドです。

「ぐるなび」とA-FIVE(農林漁業成長産業化支援機構)が組んだ地域ファンドです。

ファンドを設立したものの、投資先がなかなか見つからなかったようです。

阿部政権下で2013年以降に設立された官民ファンドのひとつです。






続きを読む
ラベル:通貨
posted by 暮壱 at 01:56| 金融関連の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

日本円・・浦和レッズ VIASOカード・・ほか

日本円・・・・

日本の通貨として日本人には当たり前の通貨です。

でも世界ではどれだけ影響力があるのかな。

気になるところです。

外国為替市場での取引量でみると、かなり存在感は大きいです。

米ドルやユーロには負けますが、ほかの通貨より目立った存在なのでした。

さすが円ですね。





紙幣・・・

お金には効果と紙幣があります。

一般的には少額が硬貨、高額が紙幣というすみわけがあります。

紙幣は財布に納まりやすく、とても使いやすいですね。

硬貨のように重くもならないので、ポケットにいれても邪魔にならないです。

偽造されないように最先端の印刷技術が使われます。





新生信託銀行・・・・

新生銀行の連結対象子会社の信託銀行なんだそうです。

もともとは1996年に、長銀信託銀行株式会社として設立されました。

日本長期信用銀行の子会社でした。

一般からの預金などの受け入れなどは行っていないようで、一般にはなじみのない銀行です。

東京都中央区に本店があります。




続きを読む
ラベル:
posted by 暮壱 at 02:03| 金融関連の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

株式会社きらぼし銀行・・出光Bizカードトラスト・・ほか

株式会社きらぼし銀行・・・・

八千代銀行が2018年5月1日に、東京都民銀行と新銀行東京を合併して、きらぼし銀行となりました。

八千代銀行のスタートは信用組合です。

信用金庫になってからは合併を繰り返して規模を拡大し、そして普通銀行に転換しました。

第二地方銀行で、このとき八千代銀行となりました。






硬貨・・・・

現金には硬貨と紙幣がありますが、硬貨は金属のお金です。

主に少額の価格を示す現金として用いられます。

時には記念硬貨というのも発行します。

効果には穴が開いたものや、縁が波打ったかたちのものなど、世界を見ると珍しいものもあります。

いろいろ調べてみるのも面白そう。






農中信託銀行・・・

農林中央金庫グループの信託銀行です。

1995年に農林中央金庫の完全子会社としてされました。

店舗は本店の1店舗のみなんだとか。

農林中央金庫といえば、農業協同組合、森林組合、漁業協同組合の系統中央機関の役割をもつ金融機関です。

国内最大規模の機関投資家としても知られます。



続きを読む
ラベル:銀行
posted by 暮壱 at 02:03| 金融関連の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

ユーロ・・エブリプラス・・ほか

ユーロ・・

欧州中央銀行のことを中央銀行としている、ヨーロッパ連合での通貨です。

最初は、1999年に決済用仮想通貨として導入されました。

そして、3年後の2002年に現金としてのユーロがスタートしました。

世界でも、アメリカのドルについて重要な通貨とされています。





日本仮想通貨交換業協会・・・

2018年4月23日に発足しました。

仮想通貨業界の自主規制団体になります。

一般社団法人です。

金融庁から仮想通貨交換業の登録を受けた16社で構成されました。

メンバーとしては、マネーパートナーズのほか、QUOINEや、bitFlyer、ビットバンク、SBIバーチャル・カレンシーズなどです。





あおぞら信託銀行・・

あおぞら銀行の子会社の信託銀行です。

東京都千代田区に本店があります。

もともとは1994年に日債銀信託銀行として開業しました。

親会社の経営破綻と外資への売却に伴い、今のかたちになったようです。

それが2001年のことです。

この信託銀行も激動を経ているようです。



続きを読む
ラベル:通貨
posted by 暮壱 at 01:57| 金融関連の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

米ドル・・セゾンパール・アメックス・・ほか

米ドル・・・・

世界の中で最も多く利用されている国際通貨です。

「ドル」という呼び方は、いろんな地域や国で使われます。

したがって、区別のために米ドルのほか、USドルなどとも呼ばれます。

合衆国いがいでも、公式の通貨として採用するところもあります。

ドルってすごいですね。





円切上げ・・

1971年末に行われた円の対ドル為替レートの切上げです。

昔は1ドル=360円の固定相場だったんですよね。

ニクソン・ショックを発端とする一連の出来事が引き起こしました。

その後、円高が進んで、2011年には1ドル=70円台ということもあったのでした。

ものすごい変化ですね。





しんきん信託銀行・・・

信金中央金庫の傘下信託銀行です。

1994年に設立されました。

リテール向けの業務は行っていないそうです。

ちなみに信金中央金庫は、信用金庫の中央銀行的存在で、全国の信用金庫に対して経営指導や財政支援などを行います。

もともとは1950年に設立された全国信用協同組合連合会です。




続きを読む
ラベル:通貨
posted by 暮壱 at 01:57| 金融関連の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする